カメラ転売で鉄板で利益が取れる商品はこれです。電脳せどり必見!

どーも、川畑です。

 

今回は、カメラ転売で鉄板で儲かる商品を1つご紹介します。

 

 

1.トキナー  Tokina 10-17mm f3.5-4.5 DX fisheye キャノン用(中古品)

tokinarenzu

 

 

このトキナーというのは、サードパーティーと言われるレンズで、

キャノン用とかニコン用とかそれぞれのタイプにレンズがあります。

っで、今回のレンズはキャノン用ですね。

 

2.いくら利益が取れるのか?

このレンズはヤフオクとアマゾンの価格差が常にある商品です。

まず、下にあるのがモノレートのグラフです。

ランキングをみてもらうと、1ヶ月に平均4〜6回ぐらい売れていますね!

 

 

monoretogurafu

 

 

 

 

そしてランキングの赤枠で囲ってあるところで順位が上がっていますので、

ここで売れたとうことになります。

更に、右の中古品をみるとランキングが上がっていると同時に赤枠の中古出品者数も減っていますね!

 

なので、ここで売れたということになります。

では、実際に売れている金額は、こちらの『モノレートを使って中古品の相場を検索する』を

参考にしてください。

これは、最安値で36,800〜38,280円だと分かります。

 

しかし注意してほしいのは、これは中古品だということですね!

なので、最安値=販売価格ではありません。

 

新品であれば、同一商品なので、基本的にはFBA出品されている安い商品から売れていきますが、

今回は中古品ですので、最安値=販売価格ではありません。

ここはかなり重要なので、中古品の正しいモノレートの相場の読み方をみておいてください。

 

 

では、次このレンズがヤフオクでいくらの値段で落札されているか確認します。

 

こちらはオークファンを使って検索します。

 

cameratokina

 

 

6月8日〜6月12日までの間でCanon用は4件落札があります。

そして27,550円〜30,001円で落札されています。

 

では、この商品を仕入れてアマゾンでいくらで利益が取れるかみてみましょう!

FBAシュミレーターの使い方はこちら

 

cameratenbai

 

 

今回は販売価格を37,800円に設定しました。正直もっと高くでも販売できますが、

まだ、アマゾンやり始めの頃は評価も少ないので、あまり値段を高くすると

評価が高いセラーの商品の方が早く売れてしまいます。

なので、37,800円で販売するとします。

 

そして、仕入れ価格は、先程のオークファンの赤枠をみてもらうと

27,000円〜28,000円の間で落札されているよね?

なので、それに送料を1,000円だとして29,000円だとします。

 

では、FBAシュミレーターをみてみると、利益は4,675円となっています。

仕入れ価格が29,000円で、販売価格が37,800円という平均的な数字です。

もっと高く販売することも可能ですし、逆にもっと仕入れを安くすることも可能です。

 

なので、このレンズ1個で約5,000円は利益が取れます。

 

更に、現在のアマゾンの出品者をみると・・・

 

camera2

 

 

 

FBA出品者がいないですね・・・。つまり4件とも自己発送です。

 

更に、少しみんな価格がかなり強気ですね。もちろん転売ではいかに高く売るか?というのも

重要なのですが、販売価格を高くしすぎて、売れなかったら全く意味がありません。

 

『売れる価格設定で、低すぎないように設定する!』これができないので、

仕入れができない人が多いのですが・・・。

 

 

で、話を戻しますとFBA出品者がいないので、

この場合、もしあなたがFBAでこのトキナーのレンズを出品した場合、

まず売れるのはあなたの商品です。

そして、この場合は先程の37,800円よりも高く設定して、38,800円でも売れます。

 

そうすると、5,000円以上の利益は超えてきます。

 

3.鉄板商品を見つける方法

 

ここまでで、このトキナーのレンズが1個で5,000円利益が取れるとわかりました。

更に、オークファンをみると1週間の間に何個も落札されているので、

仕入れるチャンスはそれだけ多いですね!

 

こういう商品を1個だけでなく、2個、10個、100個とあったことを想像してください。

正直、仕入れができないことなんてありえないですからね〜。

 

では、どうやってこの商品を見つけたか???

 

実際には、こういう商品の見つけ方はいくらでもあります。

 

やはり一番良いのは、

 

商品を仕入れる→アマゾンで出品する→販売される→ヤフオクでいくらで落札されている?

→ヤフオクとの価格がある→頻繁に落札されている→鉄板リスト(´∀`∩)

 

っというのを、売れる度やっていくのが一番いいです。

(詳しくはヤフオクから効率よくアマゾンで利益の取れる商品を仕入れる方法を参照。)

 

鉄板で利益が取れる商品というのは、まず売らないと鉄板ではありません。

もちろん、国内転売で稼げるようになるとリサーチの段階で分かりますが、

国内転売やり始めでは、リサーチが正しくできているかもわかりません。

リサーチが正しかったかどうかは、アマゾンへ出品して、売れて初めて分かります。

 

売れる度に1個1個検索していくことで、1個10個100個と見つかっていきます。

 

更に、独自のリストなので、他の人と被らないですね!

 

もちろん、他にもツールを使って検索する方法など、

やりかたは色々ありますが、ツールもツールがなくなったら、おしまいです。

 

また、ツールを使って国内転売をやるのも、まずはツールを使わずに

国内転売で稼げて初めて生きてきます。その方が更にツールを使いこなせます。

 

中古カメラ転売だけでなく、中古品の良いところは、新品商品と違って、

相場が大きく変わらないので、鉄板商品はいつまでも鉄板です。

 

今回、お話した事を実践してみてください。

 

1週間、1ヶ月、3ヶ月もやれば、もの凄いリストになりますよ〜。

 

では、今回はこの辺で〜。

 

P.S

僕が販売した商品はLINE@でご紹介しています♪

 

 

追伸

meru

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ